家庭教師で成績UP!家庭教師万歳!

home > 家庭教師について > 家庭教師の学歴で変わる教え方

家庭教師の学歴で変わる教え方

 子供達が成長していくと、どう学習するかが問題になってきます。学校で勉強したことを、自宅に帰って復習と予習を自ら行う子供は少ないのが現状です。そこで、勉強をしやすい環境を探しだして、与えなくてはいけません。その環境には、個人に合わせて選んでいく必要があります。同年代の友達と塾に通う方が良い子や通信制の教材を利用する子や家庭教師に自宅にて教わる方が良い子など、様々です。直ぐに決めてしまわず、本人達の意思を尊重しながら、最終的にはどの方法を選択するのかを判断しなくてはいけません。過程においては、二転三転することがあっても、それを責めることなく見守ることも大切であり、最終的には、子供達自身で勉強をする環境を選らずようにします。自身で考えて決断することができることは、将来において必ず役立つからです。

 家庭教師は、自宅に来てくれるので、親の目の届く環境での学習となります。人見知りが激しいと最初は戸惑いを感じることもありますが、じっくり時間をかけて信頼関係を築いていってくれます。受験が終わる頃には、本当の兄弟のような関係になっています。家庭教師は、多くの場合が現役の大学生であり、自分達が行ってきた学習方法を教えてくれてたりもします。ノートを見るだけで、勉強のやり方の悪い部分がわかるといい、吸収しやすくする為にも、大切になってきます。家庭教師自身の学歴も、教え方に大きく反映されており、それまでの工夫してきたことを惜しみなく教えてくれ、効率よく学ぶことができるように手助けしてくれます。また、目指している大学に、現役で通っている相手であれば、体験してきたことを聞くだけでも役立ちます。

 家庭教師を雇う時には、どれくらいの期間が残されており、模試での目指す得点も決めていくことになります。その目標に到達できるように、学習していくようになります。しかし、効率よく学習をしていっても、結果が追いついてこないこともあります。そんな場合には、違う学習方法が提供できるかも、良い家庭教師であるかの資質に大きく関係してきます。親身になってくれることがわかれば、些細な悩みも相談することができます。この年代は、親との距離に悩むこともあり、それらのことを誰かに話すことができれば、自分だけではなく、誰だってその過程を乗り越えていることを知ることができます。ネガティブな思考に捕らわれることなく、自身で未来を切り開くことのできる人間に成る為の最初の一歩が始まっているといえます。

カテゴリー